換金目的をもって新幹線等の乗車切符などを大量に購入してしまう→クレジットカードショッピング枠のキャッシュ化を使用しないで自分が換金する目的でクレジットカードを使用するのも同じ事です。キャッシュに変えるということを意図したカードの利用についてはカードのカード規約違反に繋がってしまうため。必要以上の列車の乗車チケットの他切手通販などでのカード利用については、現金化する目的なのではないか?などというように睨まれる恐れなども考え得るため配慮することが大切です。尚、すでにキャシング利用可能枠が限度となられている契約者場合では電車の乗車チケット等を購入することだけであってもクレジットカードの発行会社の担当者から連絡が来てしまうこともあり得るから、お金がない時の利用はさせないようにされているようです。金銭的に困った場合において企むことというのは多くの場合同じようなことです。クレカの会社の立場からみて芳しくない利用をする)かなり前に流行った『永久期間』であったり発行会社にメリットとならない規約に違反した取引を行った場合カード会社から強制没収という扱いになってしまう事例すらあります。Webに話題となっていたカードポイントの不正搾取等の世間に広まっていない秘密のやり方というものがあったとしてもこれらの手法は全てクレカの規約違反となるから何があってもやってしまわないようにしないほうがいいです。没収となってしまったカード情報は他のカード会社へ流れる)強制失効させられてもほかのクレカを使えるのであるから一社ならいいのではないか??とか思っいる方は情報化社会においてはそれが命取りになる危険性があるのです。そもそも没収させられるような場合には、クレジットカード発行会社によって確認出来る個人情報に退会のデータが記録されてしまうので、あなたの信用情報が大幅に下る可能性があるためです。どこかたった1枚であったとしてもクレジットを没収扱いとなった場合、他社のカードであっても契約できなくなりますし、最悪の場合今有しているカードまでも強制没収扱いとなる事態もあるでしょう。運良く継続して使用できる際にも有効期限切れの時に更新できなくなることもあります。述べたように強制没収となってしまうような利用は何があってもなさることのないよう、ルールを守ってクレカを使用して頂きたいと思っています。