貰った明細レシート保有する必要はあるのか??結論について言うと必要性は別にないというのが答えです。個人によっては保管することが自らが利用した履歴を保管したいという場合は残しておけばいいのだし、反対にそれらのものは必要でないという場合は残す必然性はないのです。しかし月々郵送される利用明細書類との照らし合わせ作業の時には絶対レシートは不可欠です。明細をその時まではキープしていないとどこでいつどれだけの金額を利用したのか?について不明になってしまうだけでなく、間違えであったり重複した請求があるかの確認も不可能になるので危険なのです。特段クレジットを決済した大きさについては明細レシートがない限りは記憶できません。利用明細書類が手元にくるまではなくさずに明細を保管するようにしたいものである。カードの明細レシート廃棄の方法:カードの利用レシート破棄方法はシンプル。他人に不正な利用をされないよう、バラバラに切って捨てるだけで良い。簡単な機械などが自宅で利用できる場合は念のため使うのが良いでしょう。カードの使用履歴を証するレシートであるがゆえ、ナンバーなど機密情報の内容を判別できることがとても多く入っているのです。普通の利用レシートと思わず処分は慎重に行うべきです。また、このごろは防犯対策の意味で利用レシートにクレジット番号といった機密の情報が記載されないことも出てきているが油断は禁物と考えます。