残念だが現状では非常にまれな時を除外して割引券ショップで買い物をしてもクレジットカードでの支払いができる店なんてありません。上記の理由で、VISA、MasterCard、NICOSなどの金券を利用した直接でないクレジットの方法は大半は実際には使う事はできないなのです。それじゃどういう技を利用すれば直接でないクレジットができるのでしょう?と聞かれるとその技とは現在ひろく普及している電子マネーであるEdy(エディ)、iD、QUICPay、またSuica(スイカ)、WAON、nanacoなど。実は、そういうものを用いて直接的でないカードを実行する事が出来るようになるのです。Edy、Webmoney、Smart Plus、だったりSuica、WAON、nanacoなどはクレジットカードで買い取るという事が可能な金券>PASMO、Webmoney、であったりSuica、VISA Touch、nanacoなどに耳慣れない人々にとっては、レベルが高いインプレッションを憶測する可能性があるかもしれないですが、こういう電子マネーという物は言葉にするなら単なるギフト券なのです。JCB、American Express、Diners clubなどの金券と全然ズレはないです。さらにそういう電子マネーというものはカードを活用して簡単に買い物することが可能なのが特色です。その上こういう電子マネーはスーパーをかわきりに、レストランやいろいろなお店他といった所でも活用できる事になっているようだ。「当店舗の品物の購入にはカードはお使いにならないでください」といった感じで貼り紙されてあったショップであってもPASMO、Webmoney、QUICPay、だったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなどを使うなら用いれる実例がたくさんあるのです(クレジットカードポイントが多く貯められる)。言い換えればクレジットが利用できない店においても直接的でなくクレジットを用いる手法で、クレジットポイントをもらえる分をもらってもらおうという方法です。普通に買い出しをしている限りでは獲得できないポイントなので、絶対使用法を参考にしてはいかがでしょうか。