クレジット振り替え不可のケースが多発する)踏み倒しをしてしまうまでいかなくともクレジットカード請求額の口座振替日時点において銀行口座残高が不足し、費用口座振替が出来ないという事実が何度となく起こっているような場合にはカードの会社によって『慢性的に預金不足と推測できる』と判断してくるために強制退会といったことになることもあります。財力は十分にあるのについつい悪気はなく引き落としできない状態にしてしまったなんていうことを続けていても、クレジット会社の視点で見ると信頼することができないクレジットカードメンバーとされてしまうから、借入をしているか否かということにかかわらず失効という処理がされる場合があるのでため注意が必要です。だらしのない会員に対する判断の内容は良くはないのです。一度でもこの利用料の振り替えが出来ないケースが起こると、クレジットの使用期限切れまで使えたとしても次の継続契約ができなくなる場合があるのです。そのくらい重大なものだと認識して引き落とし日だけは必ず忘れることのないようにするべきであると思います。クレジット現金化というものを使ってしまう)クレカのキャッシング額が足りず、これ以上ローン会社からも入手できない場合に、クレジットカードキャッシュ化と言われるようなショッピング額を現金に変える術を利用した場合、その事実だけでクレジットカードが強制失効させられる時が存在するようです。元を正すとカードの会社というのは条項で現金化を目的としたカード決済についてNGとしているので、クレジットカードをキャッシュ化する利用=契約内容違反=強制退会という処分になったとしてもおかしい話ではないのです。ついお金が欲しいからといって現金化というものを使うと支払い残高について一括払い請求等を受けてしまう場合があるためまず現金化をしないようにしていただきたいのです。