遠まわしに使うカードの進め方はたやすいです。クレジットを利用して直接買う事ができない物を直に払うという手法ではなく、遠まわしに使って買い付けした方がより得策です。文章が明快という理由で第一にギフト券のモデルを用いて説明してみたいと考えます。例になる女性が素晴らしいアクセサリーを手に入れたいと迷っています。手に入れたいブランド服を取り扱っている店では購入したくてもクレジットカード使用で取引することが認められません。でもDiners clubなどのギフト券によってなら受け入れてくれるのです。なので例にあげようとしている個人はクレジットカードでギフトカードを発注してしまって金券カードショップに足を運びカードを用いてNICOSなどの券を発注するとします。そうしてそのクレジットを使用して買い付けたAmerican Express、NICOSなどの券を販売店に所持して訪れ、欲しかった一流の財布を買い付けたとします。「どうして金券でそれを購入した個人はそうした負担のかかる手法をするべきなの?」と思われるのかもしれませんが、実際解説したやり方を運用するのであれば本来だと貯まる事はないカードポイントがもらえます。普通に、金を支払って素晴らしいアクセサリーを取り寄せしたりした場合でもローンポイントは貯まりませんし、VISA、MasterCard、NICOSなどの金券をキャッシュで買い取りした後に活用してもクレジットポイントは獲得できません。しかしながら今説明した例であるならVISA、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードをクレジットカードで買い付けしたという根拠により一流のカバンを購入したときとつりあうような量だけクレジットカードポイントがもらえるのです。これが直接的でなくカードローンを運用したことという根拠で直接的でないクレジットカードと言われるやり方です。