メンズファッションの秋冬のコーディネートは、アウターのカラーをブラックにすることでまとまりやすくなります。

私がよくやる組み合わせは、赤やピンクやオレンジなどの暖色系のカラフルな襟付きシャツの上にホワイトやアイボリーのカーディガンを羽織り、その上から黒のアウターを着用するというコーディネートです。

ここで大事なのはインナーとアウターの間にホワイト系のカーディガンをはさむということです。

そうすることによって、インナーのシャツが見える面積が狭くなります。

派手さが抑えられ、逆に差し色として派手なカラーが活きてきます。

しかし、それだけではどうしても春むきのカラーリングになってしまいす。

そこで登場するのがブラックのアウターなのです。

このコーディネートの場合、アウターを重いカラーのブラックにすることで春っぽい軽やかさがなくなり、シャツやカーディガンが一気に秋冬の表情になります。

またブラックのアウターは、どんな洋服とも相性が良いので着回しもきくため、とても便利なアイテムです。

様々なコーディネートに使えるため、とてもオススメです。